スイス史研究会について


写真 スイス「原初三邦」間の同盟文書(1291年)


「スイス史研究会」発足にあたって

  スイス史研究会代表 : 森田安一

 スイス史という研究ジャンルが日本において成立するのか疑問を呈する向きもあろう。実際に中世史研究においては、スイス地域の農村を研究対象にしながらドイツの農村史研究としてしばしば扱われている。また、都市史においてもアルプス以北の都市としてドイツ都市とともに一括して論じられることが多い。たしかに中世においてはスイス地域は神聖ローマ帝国の版図内にあり、そうした扱いが理解できないわけではない。しかし、1291年の原初三邦による永久同盟以来、スイスは特異な国家形成の道を確実に歩みだした。16世紀にはマキアヴェリはその著書『政略論』においてスイスの特異な国家結合を指摘し、イタリアの国家形成の手本としうることを述べている。近代国家形成を論じるときにスイスを疎かにしてはならないことは明らかであるが、その国家を構成する都市・農村の各共同体も独特の歴史をもつことになる。

 現代の20世紀においては、とくにスイスの独自性が至る所で指摘できる。ヨーロッパではECが政治同盟を展望しているなかで、スイスはヨーロッパ経済地域にも加わる姿勢を示していない。こうしたヨーロッパのなかにおけるスイスの独特な姿勢はその歴史に根ざしており、スイス史を研究する意味は少なくない。

 国家形成史・政治史だけではなく、経済史、宗教史などの分野でも考える領域は多い。ただし、スイスはヨーロッパの中央に位置し、各国の歴史とは切り離して議論することはできない。その意味ではスイス史は研究する対象としてはやさしくはない。そこで研究状況の情報交換を主としながら研究会を開くことになった。興味をもたれる方の参加を待ちたい。(1993年5月15日)

スイス史研究会の概要


目的: 何らかの形でスイスの歴史に関心を持つ人々の情報交換と勉強の場

主宰: 森田安一(日本女子大学名誉教授)

研究会の日程: ほぼ三ヵ月に一回

研究会の場所: 多くの場合、國學院大學渋谷キャンパスにて開催する

会員: 2014年4月1日現在 60名


事務局

代表幹事:東海大学 岡本三彦 

幹事:國學院大学 尾崎麻弥子

WEB担当:慶應義塾大学 小林拓也